DreamCastのIRCサーバーでIRCをご利用されてきた皆様へ

ようこそReichaNetへ!。

このページでは、現在ReichaNetでのチャットの慣習について、特徴的なものについて紹介したいと思います。 DreamcastのIRCとは、ちょっと違った慣習もございますので、是非一度みてみてください。

チャンネル入退室時の挨拶がない場合もあります

元気よく挨拶をすることはとても気持ちがよいものです。 けれども、PCユーザのIRC画面には、誰が入室して誰が退室したかが こまめに表示されているため、その都度挨拶をすることが 面倒に感じる人もいます。 「挨拶をしないのは非常識だ!」という前に、こういった背景の違いが あることもご理解ください。

チャンネルにいるのに黙っているのは、あなたを嫌っているわけではありません

DCでIRCをするために、まず電話回線に接続しているはずです。 インターネットの利用をしている環境には色々なものがあり、 24時間電話代を気にせずつなぎ放題の環境を利用して いる人も大勢存在します。 刻々とお金を取られる環境でないところからIRCしている 場合、画面を出したまま他のことをする「ながらチャット」が 当り前のようになっていることもあります。 食事をしているかもしれないし、仕事をしてる かもしれないし、寝ている、トイレにいっている等さまざま のようです。 (名前やnickを呼ぶと現れることもあるようです。ダメな場合もあります。)

複数の話題が並行して話される場合があります

人間、話をしているとどんどん他の余計なことを思い出す ものです。話もどんどんそれるのは日常会話では良くありますね。 もちろん画面に沢山の行が表示されるならいいのですが。 何十行も表示できたり、前の行にさかのぼって見えるIRCクライアントも 多数ありますから、そういう人はついつい話を発散させたり 昔の話をむし返したりをしがちです。話がなんだか見えなくなった 時は、「それ何の話だっけ」というように突っ込みをいれましょう。

別のチャンネルの会話に忙しい人もいます

DCではチャンネル(部屋)は1つ選んで入ることになりますが、 他のIRCクライアントは、2つ以上(中には10個でも20個でも)の チャンネル(部屋)に入れるものもあります。 でも、沢山入れる人に向かって「掛持ちは許さん!」と言ったところで 結局は相手の意志にお任せになってしまいます。そういう人はそういう人 なんだ、という割り切った考えもしてみましょう。 (名前を呼ぶとお返事をしてくれる、かもしれません。)


[an error occurred while processing this directive] Last modified: Sat May 15 03:39:46 JST 1999